楽園特急blog
18番線から楽園行きの最終列車が間もなく発車します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
キャナルシティ博多・名店「一蘭」
北九州の旅の最後に、博多に立ち寄った。
目的は、勿論とんこつラーメン。
a209.jpg

今回は、駅前近くのキャナルシティで、
名店「一蘭」に向かった。
a210.jpg

今や、全国チェーン展開しているが、
食べるのは久しぶりだ。
何故か、器が四角になっていた。
a211.jpg

スポンサーサイト
中華を食べつくせ!~神戸・南京町②
南京町をぷらぷらと歩いてたら見つけました。
行列のできる「ぶたまん」やさんを。
ちょうど、かわいい人形のある公園の一角です。
a144.jpg

その名も「元祖豚饅頭老祥記」さん。
なんと大正4年創業らしいです。
a143.jpg

絶え間なく、客が10名程度がずっと並んでいます。
そういえば、いいにおいがしています。
ついつい、人気のあるお店には、並んででも行きたくなるものです。
a145.jpg

値段はたしか、3個300円から。
非常に「こってり」した、肉のうまみたっぷりの豚まん
でした。本格派!
a146.jpg

中華を食べつくせ!~神戸・南京町①
横浜の中華街と並んで有名な、神戸・元町の
中華街「南京町」に行ってきました。
n2.jpg

ここでのポイントは、お店に入るのもいいですが、
店先で買ってテイクアウトすることです。
n7.jpg

いろいろな種類が、びっくりするくらい安い
値段で食べることができるのです。
n6.jpg

おなかいっぱい食べ歩いても、1500円で十分でしょう。
いろんなお店で食べ比べしてみましょう。
n8.jpg

今回、私が食べたのは・・・(※1人分に換算)
チャーシューメン(200円)
豚まん(120円)
中華ちまき(200円)
タピオカ入りココナッツジュース(200円)
小籠包(250円)
フカヒレラーメン(300円)
青島ビール(200円)

合計 1470円也!
n9.jpg

今回は食べませんでしたが、ちょっと変り種を
食べたければ、上の写真の「豚足」や、「北京ダック」
などもありましたよ。
すき焼き~京都牛って知ってます?
京都の先斗町ですき焼きをいただいてきました。
今回行ったお店は、先斗町の四条通り側の入り口から入って
すぐのところにある「すきやきいろは」さん。

4畳半くらいの小さな座敷に通されて、行き交う人々を
格子越しに眺めながら優雅に、お肉をいただけます。
値段は4000円~。

お肉は1枚目はすき焼きにせずに、肉のみでいただきます。
話に聞くと京都牛の産地直送だとか。
京都牛・・・あんまり聞いたことないですが、捨てたモン
じゃないな、と思いました。
寒い冬は、やっぱりお鍋を囲むのが一番ですね。
aa16.jpg


すきやきいろはホームページ→http://www.sukiyaki-iroha.com/
京の冬の風物詩~千枚漬
みなさん千枚漬ってご存知でしょうか。
もしかしたら京都以外ではあんまり見ないのかもしれません。
いわゆる「かぶの漬物」です。
かぶを千枚に切れるくらい薄く切っています。
京都には、いわゆる「京野菜」といういわゆる京都独自の
品種改良をした野菜がありますが、京都の本物の千枚漬けは
「聖護院かぶら」というかぶを使って作られるられる
らしいのです。

聖護院かぶらは、京都市左京区聖護院で生まれたたため、
この名がつきました。
江戸時代の享保年間(1716ごろ)、聖護院の伊勢屋利八が
近江かぶらの種を植え、改良を重ねてつくりあげました。
天保年間(1820ごろ)にこれを使った千枚漬けが考案され、
京の名産としてなくてはならないものとなったといいます。

これが漬物屋の店先にならんだとき、京は冬本番です。

aa11.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。