楽園特急blog
18番線から楽園行きの最終列車が間もなく発車します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
大阪ミナミこれだけは喰っとけ⑥~神座(かむくら)
大阪ミナミのラーメンといえば、
「金龍神座戦争」と云われるくらい、
金龍ラーメンと、今回紹介する「神座(かむくら)」が
人気を二分している。
a147.jpg

今回は千日前店のほうへ行ってきた。
店の前には行列と、TV大阪の取材での
「大阪人気NO1」の宣伝が・・・。
a148.jpg

豚肉に、野菜(白菜)たっぷりのヘルシーラーメン。
比較的あっさりめだが、野菜や肉のうまみが十分引き出され
ていて、スープの最後の一滴までいただく。
飲んだあとでも、食べられてしまうようにつくられているのだ。
a149.jpg


どうとんぼり神座ホームページ→http://www.kamukura.co.jp/
スポンサーサイト
大阪ミナミこれだけは喰っとけ⑤~船場カリー
大阪は実はカレー天国なんて知ってました?
個性豊かなカレー店あちらこちらに。
庶民的なものが好きなんですよね、大阪人は。
カレー、ラーメン、たこやき、お好み焼き・・

今回訪れたのは、「真っ黒いカレー」で有名な
船場カリーさんです。
a129.jpg


イカスミを入れているのでしょうか。
ほんとに真っ黒なんです。
管理人的オススメは「すじカリー」ですが、今回は
毎日日替わりのサービス(700円)で食べた、
「ホタテクリームコロッケビーフカリー」を紹介です。
a128.jpg


メニューはすべて「カレー」ではなく「カリー」なのがミソですね。

船場カリーホームページ→http://www.curryhouse.co.jp/
大阪ミナミこれだけは喰っとけ④法善寺横丁・夫婦善哉
織田作之助の「夫婦善哉」を読んだことがあるだろうか?
昭和25年当時の作品。遊び人で意志が弱くて、無駄遣い
ばかりする夫を、気丈でたくましい妻が、芸者などをしながら
支えていくという夫婦の物語。
何の商売をやっても夫のだらしなさで失敗ばかり。
でれでも夫婦仲良く最後は法善寺横町の「めおとぜんざい」
にぜんざいを食べに行き、団欒するところで物語は終わる。
その織田作之助の文学の香りと浪速の下町情緒ただよう
法善寺横町に出かけてみた。
地下鉄・南海難波駅から徒歩10分あまり。
a114.jpg

少し前まで、古い町並みがそのまま残っていたが、2002年9月に
道頓堀中座の火事により、法善寺横丁にも延焼。
残念なことに、大部分が焼け落ちてしまった。
さて、法善寺横町には、その名のとおり「法善寺さん」がある。
その日も夜にもかからず参拝者でいっぱいだ。
a115.jpg

そもそも、法善寺横丁は浄土宗天龍山法善寺の境内の露店から
発展したものである。
明治から昭和の初期にかけては寄席の「紅梅亭」と「金沢亭」
があり、落語を楽しむ人々で賑った。
しかし、太平洋戦争で寺ともども焼失。
現在は不動さんと金毘羅堂だけが残る
不動さんは、なぜか顔もわからないくらい、全身苔むしている。
a116.jpg

さて、いよいよ「夫婦善哉」へ向かってみよう。
a117.jpg

一杯500円。土産用のレトルトも販売している。
a118.jpg

大阪ミナミこれだけは喰っとけ③日本一のタコヤキ?!
大阪名物といえば、「タコヤキ」がまず思い浮かぶが
ミナミの歓楽街である宗衛門町には、かなりの数の
たこ焼き屋がある。
そのなかでも、「行列の出来るタコヤキ屋」を紹介しよう。
グリコの看板のある戎橋の1本東側の太左衛門橋の南詰に
その店はある。
a103.jpg

太左衛門橋からは、美しい道頓堀の様子がうかがえる。
a104.jpg

店の看板はその名の通り「本家日本一の大たこ」。
これはタコヤキが大きいのではなく、大きなブツ切りのタコが
入っているのだ。その日も少し行列ができていた。
a105.jpg

タコヤキの写真は、残念ながら・・・写真がピンボケてしまった
のでお預けです。
是非、ご自分の舌で味わっていただきたい一品です。
大阪ミナミこれだけは喰っとけ②~宝天麺
今回紹介するのは、南船場にある、「宝天麺」さんだ。
心斎橋筋よりかは、かなり堺筋に近いところにある。
オフィス街の真ん中で、昼間はかなりの人手がある。
入り口のトマトのオブジェも可愛い。
PhotoDraw16641.jpg


ここで有名なのが通称「とまとラーメン」。
セロリ、キャベツ、と野菜が、かなりたっぷりと
入っていて、味はもちろんトマトベース。
しかも、かなりニンニクが効いている。
しかしそれが、絶妙のハーモニーを奏でるのだ。
PhotoDraw16651.jpg


食べ終わった後は、口の中をさっぱりさせる
自家製の杏仁豆腐のサービス、
そして、ニンニクのにおい消しにハッカアメの
サービスもある。
きめ細かなもてなしがうれしいお店だ。


「宝天麺」
大阪市中央区南船場2丁目6-9
TEL:06-6264-6118   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。