楽園特急blog
18番線から楽園行きの最終列車が間もなく発車します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
加古川マラソン参戦!の巻
去る12月23日、クリスマスイブイブの日。
加古川マラソンは参加総数およそ3000人の“大“市民マラソンです。
エントリーした部門は「ファミリー2km」「10km」等ある中で、やっぱり
フルマラソン、42.195km!
数ヶ月前からエントリー料金4000円を払い、気分を盛り上げ、
仕事の合間などに走りこんだのですが、やっぱり初めての
フルマラソンは過酷なものでした。

加古川の河川敷のマラソン用コースを、走るのですが、
この日は冬だというのに、天気はちょうどいいくらいの晴れで、気候も
少し肌寒いくらいで、走るには最高のコンディションでした。

着いた時間が少し早かったので、スタート地点にある様々な、
催しものや、食べ物の屋台テントを覗いてみることにします。
ぜんざいやドリンクは無料。
温かいうどんも200円で食べられました。

また、高橋尚子、野口みずき、渋井陽子、土佐礼子、千葉真子、
といった オリンピックなどで活躍した女子マラソン選手の、
サイン入りユニフォームや靴も展示されていました。

20050125114216.jpg


さて、いよいよスタートです。
いつもテレビで見るばっかりで、自分もこんなスタート地点に
立てるなんて考えたこともありませんでしたから、
これを経験できただけでも参加した価値はありました。
大集団による一斉のスタート。
目標は「完走」で、ゆっくり走っていたので、息が上がると
いうことはありませんでしたがとにかく自分との戦いでした。

20050125111426.jpg


途中でドリンク、チョコ、バナナ、パン、お菓子、塩、
さまざまなものがテーブルに置かれています。
走っていてはじめてわかったのですが、とにかく
「おなかがすく」のです。
チョコ、バナナもずいぶん食べましたし、スポーツドリンクも
がぶ飲みするものですからトイレにも何回も行きました。
 
35kmを超えると、こんどは筋肉痛と関節痛との戦いです。
しかし、自分に負けそうになったとき、支えになったのは、
頑張って走っている年配の方たちでした。
自分よりずっと年上の40代、50代の方たちが、
顔色ひとつ変えずにどんどん走ってゆくのです。
「これは負けてられないな」と思いました。
 
そして完走!
タイムは4時間35分48秒。
決して早いタイムではないですが大きな感動を得ることができました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。