楽園特急blog
18番線から楽園行きの最終列車が間もなく発車します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
180分待ち?相国寺・若冲展
今日は、京都・相国寺の「若冲」展に行ってきました。
連日、テレビや新聞で報道されているように、
日本画としては、異例の大人気で、連日長蛇の列
ができて、長時間待ちを連発しているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若冲こと伊藤若冲は、江戸時代中期の京の絵師で、
「奇想の画家」と呼ばれておりました。
代表作である「動植綵絵」は、若冲が相国寺に寄進しましたが
相国寺は資金難から絵を手放して、皇室に寄進し、
その見返りに、下賜金を得て寺を再興しました。
現在、絵は宮内庁の管理になっていますが、120年ぶりに
いわゆる「お里帰り」を果たすことになったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、今日は開館の30分前に美術館
に出かけたのですが、なんとすでに長蛇の列。

結局1時間並んで中に入り、中に入ってからも、
見るのに、1時間くらいかかりました。

そして美術館を出てくると・・・・
なんと「180分待ち」の看板が・・・。

a179.jpg


絵は、とにかく素晴らしかったです。
先日、大阪の美術館で、パリのギメ美術館所蔵の、浮世絵展を
やっていて、残念ながら見に行くことができなかったのですが、
今回は日本画のよさをじっくり堪能することができました。

【若冲展の専用ホームページはこちら】
http://jakuchu.jp/jotenkaku/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。