楽園特急blog
18番線から楽園行きの最終列車が間もなく発車します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
NANA
矢沢あい作品は好きだ。
少女漫画という域を超えて、いまや幅広い層に人気がある。

初めて出会ったのは「天使なんかじゃない」
定番の学園モノだが、キャラにすごく魅力がある。
矢沢のサクセスストーリーはここから始まったと
言っても良い。今「愛蔵版」が発売されて、改めて
読み直して涙が出た。

そして「ご近所物語」などのヒットを経て、
ついに頂点である「NANA」にたどりつく。

「NANA」は大崎ナナ、小松奈々という二人の
ナナの繰り広げる複雑な人間関係などを描いた作品。
2人の運命は「トラネス」「ブラスト」という2つのバンド
の間で大きく揺れ動く。
詳しくはネタバレになるので控えるが、これほど感動した
漫画は久しぶりだ。
既に全11巻1700万部を売り上げている。

さてなぜ今回「NANA」を取り上げたかというと、
まず、「NANA」に登場する2つのバンドをトリビュート
したアルバムが発売されるのだ。
参加アーティストは、Do As Infinity、TETSU69、大塚愛、
MIYU(ZONE)など。

更になんと主演中島美嘉、宮崎あおい、で映画化されるのだ。
実は漫画を読み始めた頃から、主人公の一人「大崎ナナ」は
中島美嘉をモデルにして作者は描いているのではないかと
思っていたぐらいの「はまり役」である。

中島美嘉は2001年の「傷だらけのラブソング」で
音楽の才能を持て余している不良少女役を演じていて、
そこで、はたはファンになってしまったのだが、
今回の「NANA」も似たようなストーリーなので、
「仕組まれた」と感じてしまう。
しかしどちらにしても「NANA」ファンには待ち遠しい。


NANA公式ページ
中島美嘉公式ページ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hata2.blog4.fc2.com/tb.php/3-d60219ed
この記事へのトラックバック
大塚愛最新情報をお届けします!有料サーバを契約してパワーアップしました!!大塚愛ファンサイトです!!!相互リンク募集中です!
2005/02/05(土) 14:27:21 | 大塚愛 ファンサイト
大塚愛さんのファンサイトをひっそりやっています。もし宜しければ見に来て下さいm(_ _)m
2005/02/05(土) 14:52:44 | ファンサイト 大塚愛 アルバム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。