楽園特急blog
18番線から楽園行きの最終列車が間もなく発車します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
五月山動物園②エミュー(ヒクイドリ目エミュー科)
前回に引き続き、五月山動物園の動物紹介です。
今回はオーストラリアに住むという
「エミュー」というふしぎな鳥です。
an7.jpg

【エニュー(ヒクイドリ目エミュー科)】
◆形態
 頭高1.5~2m、体重40~50kg
◆生態
 果実、種子や花、若葉、昆虫などを好んで食べます。
 植物を求めて数100キロを移動し、時には大群になるときも。
 メスは濃緑色の卵を7~10個産むと巣を離れ、オスが卵を
 孵化するまでの56~61日間あたため、18ヶ月におよぶ
 子育ても全て行う。
◆生息地
 オーストラリアの多雨林や草原に広く分布する。
an8.jpg

an9.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hata2.blog4.fc2.com/tb.php/60-ca3ace95
この記事へのトラックバック
エミューエミュー(学名:''Dromaius novaehollandiae'')は、ダチョウ目|平胸類(ダチョウ目)の鳥類|鳥の一種。オーストラリア全域の草原や砂地などの拓けた土地に分布している。周辺海域の島嶼部にも同種ないし近縁種が生息していたが、現生種の1種のみを除いて絶滅した
2007/05/21(月) 08:53:29 | 動物辞典
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。